●最近の女性部下との接し方が分からない・・。
●アルバイト社員、派遣社員、時短の正社員など、それぞれどう対応すればよいのか・・。
●ベテランの女性社員のやる気はどうすれば引き出せるのか・・。

など、女性の部下を持つ現場リーダーは、日々、多くの悩みを抱えております。

 そこで本講座は、そんな悩みを解決するために、「質問力」で劇的に変わる女性の部下育成術を体系立ててお伝えします。質問育成術には、女性社員に気づきを与えたり、悩みを解決したり、やる気を引き出したり、さまざまな効力を発揮する“魔法の力”があります。 女性部下を育てるのがうまい人には、「教えない」「質問して、本人に答えを考えさせる」という共通点があります。気持ちや感情による影響が強い女性に対しては、「教える」より、「本人に気づかせる」ほうが、圧倒的に成果が上がるケースが多いのです。現に人は自分で悩んで気づいた時、飛躍的に成長します。大事なのは「自分で気づく」ことなのです。特に女性は「自分で気づく」ことによって、やる気が劇的に変化し、パフォーマンスも変わってくるのです。

 本講座では、「質問力」の第一人者である松田充弘氏が、“女性部下の育成”に特化し、グループワークを中心にした実践形式で、「やる気の上げ方」「コミュニケーションの仕方」などの部下育成術を分かりやすく解説。また、実際に女性部下の育成で成功している企業事例を用いて、日々の仕事の課題解決に役立つ「質問力」を伝授します。「質問力」によるスキルは単に仕事の成果に繋がるだけでなく、あなたの人生を充実させる大きな武器にもなります。本講座で伝授する「質問力」で「仕事力」と「人間力」を劇的にステップアップしてください。

参加する3つのメリット

メリット1

プログラム内容

1日目
講座1
1. 女性の部下のついていきたい上司とは
2. 女性部下のやる気を引き出す
  キーワードは「教えすぎない」
1) 教えすぎが部下の気づき力を奪う
2) 教えないメリット・デメリットを
探求する
3. 女性部下のやる気を引き出す
「しつもん力」基礎講座
1) 質問には種類がある
2) 部下の思いや行動を引き出す
3) 部下から「しつもん」されたい上司になる
4) 「しつもん体質」になる
5) 部下にとって必要な質問とは何か
6) 部下との「つもりの関係を」なくそう
7) 3種類の質問を使って部下の生産性を上げる
4. 質問ドリル
1) 子育てをしながら働く女性社員の
やる気を引き出す「しつもん」とは
2) 女性部下のキャリアに対する考えを知る「しつもん」とは(既婚の女性社員・未婚の女性社員)
5. 次回までの宿題
2日目
1. 女性部下のタイプに併せたコミュニケーションのとり方
2. 女性部下への「しつもん力」を上げる技術
1) 聴く技術
2) 視点を変える技術
3) 答えのその先にある「本当の答え」をみつける技術
4) 部下の仕事の強みや仕事に対する価値を見極める技術
5) 「しつもん」のバリエーションを使う技術
3. 質問ドリル
1) 就労形態にかかわらず、大切な部下として受け入れる(アルバイト・派遣・時短の正社員)
2) モチベーションが下がっているベテラン女性社員の力を伝承する(年配の女性社員)
4. 全体のまとめ

 
 
 
 
 
 
★ セミナー終了後、懇親会を開催します。普段はなかなか出会う機会がない、講師や参加者同士の交流を深め、情報交換にお役立てください。参加費は無料です。

講師プロフィール

松田 充弘 (マツダ ミヒロ)氏 :
質問家。しつもん経営研究所 代表。
カウンセリングやコーチングの理論をベースに、自分自身と人に日々問いかけるプロセスを集約し、独自のメソッドを開発。質問するだけで、魔法にかかったようにやる気と能力が引き出され、行動が起こせるようになることから、「魔法の質問」と名づける。
2004年より日刊メルマガ「魔法の質問」を開始。クチコミで人気が広がり、毎日2万人が読むメルマガとなる。
質問を投げかけ、参加者が答えるスタイルの「魔法の質問ライブ」を軸に、日本全国・海外で行う講演は年間200回以上。NHKでもとりあげられた「魔法の質問学校プロジェクト」では、ボランティアで全国の学校へ行き、子供たちに魔法の質問を体験してもらっている。
「質問は、人生を変える」をキャッチフレーズに、上質な人生を生きるきっかけづくりを行なっている。『起きてから寝るまでの魔法の質問』(サンマーク出版)ほか著書多数。
日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー。山形県生まれ。   
日小田 正人 (ヒオダ マサト)氏 :
魔法の質問認定講師、ビジネス質問家、
株式会社日小田コンサルティング 代表取締役
“答えはその人の中にあり”を信条に、しつもんメソッドを活用したビジネスコンサルティングを全国で実践している。自身のコンサルティング業界での23年の経験をもとに、成果を上げている経営者を分析した結果、「名経営者は質問の達人である」との結論にいたり、質問を体系的に実践的に習得するため松田充弘に師事する。
しつもんメソッドを活用したコンサルティングや研修を実践するビジネス質問家として、日々、企業サポートを実践している。特に、営業力を強くする「しつもん営業術」は、売り込まないのにみるみる売上が上がる手法としてクライアントから高い評価を得て、「ビジネスで一番大切なしつもん(日経BP社)」にて紹介されている。   
本セミナーのWebでの受付は終了いたしました。
当日申し込みも受け付けておりますので、
参加をご希望の方は直接会場にお越しください。

日経BP読者サービスセンター
TEL:03-5696-1111(代表・土日祝日を除く9時〜17時)

開 催 概 要

日 時
1日目:2014年1月30日(木)14:00〜18:00
2日目:2014年2月5日(水)14:00〜17:50(懇親会:18:00〜19:00)
※開場:いずれも13:30
会 場
エッサム神田ホール
〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2
対 象
女性部下を持つ現場リーダー
定 員
40名限定 (先着順・満席となり次第締切となります)
※最少開催人員:20名
主 催
日経BPnet / BizCOLLEGE
運 営
日経BP社 販売局
受講料
■ 1名様参加:72,000円(税込)※懇親会費込
■ 2名様参加:115,200円(税込)→1名当たり57,600円(税込)
2名参加がお得です!※2名参加割引価格は、同時申込の場合に限らせていただきます。
受講特典
新刊書籍
「ビジネスで一番大切なしつもん」
★ビジネス書ランキング1位
(日経新聞12月1日付)

【お申込注意事項】
※先着順にてお申込みを受け付けます。定員となり次第、締切とさせていただきます。
※請求書払いの場合は、後日、受講証とご請求書を送付させていただきます。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担になりますので、あらかじめご了承ください。クレジットカード払いの場合は、受講証のみお送りします。
※2名同時申込みの場合も、お送りする受講証は1枚となります。お申込者以外の方は、受付でお申込者のお名前をお伝えください。
※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
※参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。また、やむを得ず講師、プログラム等が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
本セミナーのWebでの受付は終了いたしました。
当日申し込みも受け付けておりますので、
参加をご希望の方は直接会場にお越しください。

日経BP読者サービスセンター
TEL:03-5696-1111(代表・土日祝日を除く9時〜17時)
本セミナーのWebでの受付は終了いたしました。
当日申し込みも受け付けておりますので、
参加をご希望の方は直接会場にお越しください。

日経BP読者サービスセンター
TEL:03-5696-1111(代表・土日祝日を除く9時〜17時)
お問い合わせはこちら